2012年1月24日火曜日

レコーディング

徳島から帰ってきて、そのままボーカルレコーディングだったわけです。



その場で出てくるアイデアも皆でディスカッションしつつ、良い形に落ち着いたんじゃないかと思います。

歌は「正しい音程だから良い」というほど単純でないところが面白く、同時に難しいところです。

歌詞との関係性を踏まえたベストな表情をその都度選択していく必要があり、そこがボーカリストの腕の見せ所。

リードボーカルとコーラスもそれぞれアプローチが違いますが、バックトラックとの関係性も含めバッチリとはまったときの素晴らしさは格別です。



さて、どんな風に仕上がるのか、今から楽しみです。