2012年3月12日月曜日

安岡優 第二回単独公演終演!

最終日二回公演、大盛り上がりの中で無事終了しました。



前回と同じくシアトリカルな内容ながら新しい試みをいくつも盛り込んだステージ、楽しんで頂けたならばなによりです。

僕の担当は「音」。

安岡氏の生の歌声と彼の弾くギター以外のすべての「音」を受け持ちました。



ドラムを叩き(鍵盤で)、ベースを弾き(鍵盤で)、ギターを奏で(鍵盤…と一部は実際に。「ハコブネ」と「MARIA!」のサイドギターはレコーディング・ツアーサポートでもお馴染みの福原氏)、ピアノを弾き(もちろん鍵盤で)、ストリングスやらブラスやらを以下省略…。

何にでも色を変えることのできるワンマンオーケストラ「Usamix-ChameleonOrchestra」として全楽曲をアレンジしました。

CDにもなっている「架空の主題歌」の楽曲もすべて歌われましたが、今回のライブに合わせてそのほとんどを弾き直しています。

ジャズバンドテイストの音色から、ちょっとロック寄りのセットアップにしてみました。



新曲も3曲お披露目されましたが、その内の一曲「XYZ」では作曲もしています。

実はこの「XYZ」、仮タイトルがそのまま正式タイトルとなったのですが、今回の単独公演のタイトル「社会の窓」とミラクルな関係性があったりするのです。

僕がなぜ仮タイトルを「XYZ」としたかにも裏話があるのですが、それはまたいずれ機会があったらということで。



ゴスペラーズツアーの合間を縫って打ち合わせを重ね、皆で(もちろんお客さんもです)力を結集したステージが観に来てくださった方々の活力になってくれれば、こんなにも嬉しいことはありません。

敢えてここに書くまでもないですが、昨日は3月11日。

ステージ内容には直接関係しませんが、それでも多分、皆が同じ事を想った瞬間があった一日だったのではないかと思います。

前へ、進んでいく。

僕らは楽しめて、心に何かが残るようなステージを作る。



またこのメンバーで集まって皆さんの前に立てることを願って。







R0012022