2013年5月11日土曜日

マニピュレータはミュージシャンか否か

そもそもライブにおけるマニピュレータと呼ばれる人は何をしているか。

もの凄く大雑把に言えば「バンドなどの生音以外の音を出す」セクションです。
曖昧に書きますが、オーケストラの指揮者のような「曲やライブの流れを作る」ポジションでもあります。
どうしても手が足りない部分を機械で補う、というイメージがついて回りがちですが、そういう考え方をしているミュージシャンやスタッフがいる現場では結果的に楽曲としてうまく行かない場合が多いと思っています。

演奏家(プレイヤー)という意味でのミュージシャンではありませんが、楽曲やそのアレンジへの理解・他のプレイヤーとのアンサンブルを考えて自分の出音を操っていくという意味で、僕は音楽家(ミュージシャン)なのではないかと。
結構現場によって捉えられ方が変わったりする職種でもありますが、こちらの意識は常に同じで臨まなければ…ですね。