2013年9月22日日曜日

イナズマロックフェス 2013 / BABYMETAL

昨日はBABYMETAL今年の夏フェス参戦の締め、イナズマロックフェスにて本番でした。

いつもと変わらず、良いものを、最高のパフォーマンスで"魅せる"べくBABYMETAL&神バンドで奏でてきましたよ。

僕がこのプロジェクトに参加したのはワンマンライブ「LEGEND I,D,Z "I"」からなので、準備期間から考えるとちょうど一年が経ったことになります。
まず最初に驚いたのは、既にダンスやヴォーカルパワーが完成されていたこと。
そこから更に回を追うごとに進化していく様を見るたび、彼女たちはどこまで伸びていくんだろうと驚かされています。
キツネ様が次に開放する能力はどんなのかな、と毎回楽しみになっているわけですが、同時にこちらもどのようにしたらその力が最大限に発揮できる環境を作れるかという課題を与えられています。

どこの現場・どのセクションもそうですが、アーティストのパフォーマンスを活かすも殺すも「いかに呼吸を合わせられるか」だと思っています。
だからお互いの信頼関係がとても大切。
ことマニピュレーターというポジションでは音符で言うなら休符に当たる曲と曲の間において、それまでの流れ、歌い手の呼吸や動きの状態などをその都度感じながらライブの流れを作ることに努めています。
もちろんそこにはお客さんの反応やバンドメンバーの状況も深く関係してくるので、僕は曲終わりでは生の「空気の音」を感じるためにイヤモニを片方外すようにしています。
マニピュレーターの演奏とは、自分が受け持つ各種演奏データのエンジニアリングやエフェクターパフォーマンスだけではなく、お客さんや演者の気持ちの流れを汲みながら音と音の隙間をマネージメントすること。
(完全な生演奏での楽曲では介在しませんが)
BABYMETALにおいてはMCがないため、他の現場よりもかなり神経を使います。
でもそこがまた楽しいところでもあります。

去年から結構な頻度でご一緒していたので昨日で一段落したのが少し寂しいですが、その分次のステージが今から楽しみです!


ツアーで何度も琵琶湖は訪れていますが、地域によって見える表情は様々。
昨日は素敵な夕日に出会えました。