2014年3月6日木曜日

ここのところの諸々…The Gospellers「3月の翼」のこと

メンバーの曲作りのサポートで定期的に一緒にやらせてもらってはおりますが、最終的なアレンジまでのお仕事は久しぶりとなります。
Twitterや1月末のブログエントリーなどでお知らせ済みですが、今週末7日から始まるソチパラリンピックのスカパーさんの枠において、ゴスペラーズの「3月の翼」がテーマ曲となっております。

作詩・作曲は安岡優氏。
作曲段階から今回のテーマを伺った上でのサウンドメイクとアレンジを考え、疾走感・瑞々しさ・相手も自分も鼓舞できるような世界観を目指しました。
テーマとなっているパラリンピックとこの曲の言葉の関係はとても深く、安岡さんの作詩家としての手腕と優しさが遺憾なく発揮されていると感じます。

サポートミュージシャンにはGt.に福原将宜さん、Bs.は今回が制作現場では初めてとなるBOHさんに入っていただきました。
福原さんはゴスペラーズバンドでも一緒でそちらでお馴染みとなっている方も多いかと思いますが、僕はそれよりも以前、もう10年以上前からレコーディングでお世話になっております。
アレンジデモの段階の僕の稚拙なギタートラックを聴いて「なるほど、はいはい〜」と素敵テイクを次々と繰り出してくれるので、宇佐美アレンジにはなくてはならない存在です。
僕は福原さんのピッキングハーモニクスが好きなのでデモの時から入れていたのですが、しっかりと再現してくださってます(笑)
BOHさんとは昨年のBABYMETAL現場で知り合ったのがきっかけで、そのプレイの幅広さと音の太さから是非一緒にレコーディングお仕事をしたいな〜なんて思っていたので今回お願い出来て良かったです。
僕はベースプレイヤーではないものの異様にベースラインにこだわるので、基本的には自分内で完結させています。
お願いするにあたって「こんな感じ」くらいで音源を聴いてもらってのスタジオ入りだったのですが、その時点で「ここは外せないポイント」をしっかり抑え尚且つアイデアを載せて来てくれたのは流石!
このお二方のパワーによって、より世界が広がっております。
あと完全に余談ですが、二番のサビに入るところのピアノのグリッサンドで僕は爪を割りました。
いやいや、盛り上がりすぎたので、つい。

地上波でもCMで聴く機会が増えてきましたね。
3/1からフルサイズでの配信が始まっておりますので、ぜひチェックしてみてください!