2016年3月2日水曜日

本日もスタジオなり

歌声という楽器は替えがききません。

僕は残念ながら楽器としての声の素養はないので曲を書いて歌ってもらう側を目指したわけですが、とても素晴らしい楽器を携えたシンガーと出会うと本当に心が震えます。
歌唱のテクニックは鍛錬を重ねれば習得できますが、歌声は無二のものです。
聴いていてわくわくしますね。